近隣工事に伴う家屋調査・建物調査|みどり事務所|愛知県名古屋市

近隣の解体工事・新築工事に伴う家屋調査

近隣の解体工事・新築工事に伴う家屋調査

家屋調査

このページでは、解体工事現場、建築工事現場などに隣接する建物、構造物について、工事で何らかの影響(地盤沈下、建物傾斜、壁ひび割れ・扉建付け不良など)を受けたかを判断するために、工事前の建物などの調査についてご紹介いたしております。

 

近隣で建築・解体工事が始まり、振動で扉の建付けが悪くなった、柱と壁に隙間ができたと現場の監督さんに伝えても今回の工事に起因するものか、以前からのものか、双方の主張があり、また証拠がないために解決に至るには難しいのが現状となっています。

 

このようなトラブルを回避する予防策として工事前の調査を行い、工事による影響の判断材料となる調査報告書を作成させていただいております。

 

私どもでは、工事業者様、建物所有者様に対し第三者という中立な立場を保って、公正に調査を行い報告書を作成させていただいております。


家屋調査内容

家屋調査の内容は下記のとおりで、外部調査及び建物内部に立ち入り、写真撮影を行い調査報告書として交付させていただいております。

  • 家屋の全景
  • 建物外部からのレベル測定、地盤面のレベル測定
  • 外壁・内壁・天井の亀裂、隙間、破損、漏水跡など
  • 内外部のタイル部分の亀裂及び目地の状態
  • 建具の建付け状況
  • 柱、床などの傾斜測定
  • 基礎、土間部分のひび割れの状況
  • 外構(塀、擁壁、門扉)の損傷および傾斜
  • 土間の亀裂及び隙間
  • その他、現在の家屋の状態
作業につきまして、現場ごとに作業内容は異なるため、現場に応じて必要な作業を選定し、費用、調査結果等の効率を検討、考慮させて頂いております。

作業風景

−外部作業風景−

ブロックひび割れ状況確認

ブロック倒れ状況確認

 

基礎ひび割れ状況確認

建物・地盤レベル測定

 

建物レベル・傾斜測定(中層建物)

建物レベル・傾斜測定(中層建物)

 

 

−内部作業風景−

床天井レベル測定

柱倒れ状況確認

 

床・敷居水平測定

柱・梁すき間測定

 

タイルひび割れ確認

引戸建付け確認

家屋調査の費用

家屋調査費用標準

 

家屋調査費用簡易

 

家屋調査費用外部

費用につきまして、現場ごとに条件が異なるため作業内容も異なります。

上記費用は、概算費用としてご覧ください。

家屋調査 質問と回答

1,家屋調査の目的
・近隣の解体工事、新築工事の影響で家屋に損害が発生することが予想される場合や、発生した場合にそれが近隣の工事に起因しているかの判断材料、トラブル回避のために工事前の家屋の状況(亀裂・損傷・傾斜・レベル)を調べ報告書を作成お届けいたします。
2,家屋調査の費用と時間

・家屋調査の費用負担は、一般的には解体・新築工事を行う工事業者様が家屋調査業者の手配を行い、その解体・新築工事業者様が負担します。
・しかし、工事業者様の手配で行われる家屋調査業者では不安なため、ご自身にて費用負担をされ、工事業者が手配をする家屋調査業者とは別の家屋調査業者で調査をされる方もお見えです。
・この場合でも、当該工事業者にお話をされますと、ご自身の負担ではなく工事業者様の負担になることも多々あります。 
・現地調査時間は、一般的な戸建て住宅であれば、「2時間程度」で完了しています。

3,プライバシーについて

・普段の生活空間に立ち入りをさせて頂くこととなりますので、ご都合の悪い部屋等がある場合につきましては予めご相談下さい。
・写真撮影等につきましても、作業時にご指示頂けましたら対応をさせて頂きます。

4,工事途中の損傷等について

・工事途中に振動等が大きく、基礎、土間等に損傷が生じた場合、緊急性がある場合を除いて、家屋調査業者に連絡をし現状での写真を撮影をし、証拠を保存してから補修するることをお勧めします。
・特に基礎のクラックについて、現状確認をせず補修を行い塗装仕上げなどをしてしまうと、表面のみのクラックか、基礎本体までのクラックか判断ができなくなり、経年の建物への影響の判断ができなくなってしまいます。

5,工事完了後の家屋調査について

・近隣工事完了後の家屋調査は必ずしも必要はありません。
・お住まいをされている皆様が、気になる箇所、不具合等を感じず事後の家屋調査をご希望されない場合には行いませんが、事後の調査をした結果、体感では分からない影響が測定後の数値に現れることがあります。
・事前・事後の家屋調査は、将来の不安材料の払拭、保険としてお考えいただき、ご対応されることをお勧めします。
・事後の家屋調査をご希望されない場合、私どもでは、確認書(気になる箇所、不具合がないので家屋調査を辞退する旨の書面)にご署名、捺印を頂き、業務を完了させて頂いております。

設計会社様、工事業者様等の積算業務について

設計会社様・工事業者様等の積算業務のご依頼につきましては下記をご覧ください
ご準備いただく資料

■調査物件の・・・
・住宅地図
・法務局備付公図
・土地・建物登記事項証明書
・建築確認通知書(副本)、建築図面等(平面図、立面図、矩計図、仕様書、基礎・床・屋根伏図等、コピーで結構です。)
上記資料をメールにてお送り下さい。

現地下見 上記資料をもとに、積算のための現地下見をさせて頂きます。
日数、費用

・現地下見をさせて頂いてから、3営業日でお見積もりを作成、メールでお送りさせていただきます。
・見積費用  建物1棟につき:5,500円(税込)

注意事項

・私どもとお取引のない設計会社様、工事業者様等につきまして、入札の予定価格の積算・お見積もり作成のみの業務は無償で行っておりません。
・予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

みどり事務所概要

トップへ戻る